FC2ブログ

平川 恒太 “儚き絵画の夢”

平川 恒太 “儚き絵画の夢”
Kota Hirakawa “fragile dream of paintings”

DSC_0007_20140525084039563.jpg



前期:2014 年 6 月 21 日(土)~7 月 6 日(日) 月・火休廊 12:00~19:00 後期:2014 年 7 月 12 日(土)~7 月 27 日(日) 月・火休廊 12:00~19:00
このたび、Bambinart Gallery では、平川恒太展“儚き絵画の夢”を開催いたします。平川恒太(1987 年、 埼玉県生まれ)は、2013 年に東京藝術大学大学院を修了したのち、「ゴールデンコンペティション 2012」 にてグランプリのゴールデン賞(2012)、「損保ジャパン美術展 FACE2013」にて審査員特別賞(2013)、 「アートアワードトーキョー丸の内 2013」にて三菱地所賞(2013)を受賞したほか、「アートがあれ ばII―9 人のコレクターによる個人コレクションの場合」(東京オペラシティ アートギャラリー)、 「VOCA 展 2014」(上野の森美術館)に出品するなど注目の若手アーティストです。
平川は、これまでにも原爆の図 丸木美術館(埼玉)でのインスタレーションや、日蓮宗大本山清澄寺・ 釈迦寺(千葉)での企画「アートが山をのぼること」を開催するなど、歴史や社会との関わりに主題を 求め取り組んできました。2014 年には藤田嗣治や宮本三郎らの戦争記録画(永久貸与)を黒一色で模 写したシリーズ「Trinitite」の新作に加え、沖縄で滞在制作した「Where is NIRAIKANAI」シリーズを新た に発表し、近代洋画史または歴史そのものと向き合い、引き受けていくことで戦争や美術史を捉えよう と取り組んでいます。
本展では会期を前期・後期に分けて開催。前期では沖縄にて滞在制作した「Where is NIRAIKANAI」シリ ーズと江ノ島にて滞在制作した「儚き絵画の夢」シリーズを中心に発表いたします。2つの作品は滞在 制作を通し、場所の記憶や私たちを取り巻く日常の愛おしさを描き出します。 また後期では、語られない歴史や、忘れ去られようとしている歴史など時計を支持体として、黒い絵の 具のみを用いて描いた「記憶と記録」シリーズを発表いたします。部屋中にインスタレーションされた 黒一色の時計が時を刻む音とともに、記憶と記録の空間が鑑賞者を包みこむことでしょう。
つきましては、ぜひ多くの皆様にご鑑賞いただきたく、ご取材・ご紹介などのご協力を賜りますよう何 卒よろしくお願い申し上げます。



■ 展覧会概要
・展覧会タイトル 平川 恒太 “儚き絵画の夢”
・会 期 2014年6月21日(土)〜7月6日(日曜日)、7月12日(土)〜7月27日(日)月•火休廊
・開 廊 時 間 12:00〜19:00
・会 場  Bambinart Gallery(バンビナート ギャラリー)
・住 所  〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田 3331 B107
・TEL/FAX TEL:03-6240-1973/FAX:03-6240-1976
2014年6月21日(土)~7月6日(日)、7月12日(土)~7月27日(日) 月・火休廊 12:00~19:00
Bambinart Gallery (バンビナート ギャラリー)
〒101-0021 東京都千代田区外神田 6-11-14 アーツ千代田 3331 B107
・入 場 料 無料
・展 示 作 品 絵画、映像
・URL http://www.bambinart.jp/
スポンサーサイト



2014-05-25 : info : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

hirakawa kota

Author:hirakawa kota
平川恒太 HIRAKAWA kota
生誕31周年目のアーティスト。東京芸術大学修士課程修了。主な展示、2018「森美術館15周年記念展カタストロフと美術のちから展」、2018 個展「悪のボルテージが上昇するか21世紀」,福 沢 一 郎 記 念 館、2018「1940ʼs フジタ・トリビュート」,東京藝術大学 陳列館、2016「 Identity XII – Memorandum on Sublime 」,nca,東京、「VOCA展2014」上野の森美術館,東京、「アートアワードトーキョー丸の内2013」 行幸地下ギャラリー,東京、2010年「The Neverending Story -Hirakawa Kota Solo Exhibition 」原爆の図 丸木美術館,埼玉
http://hirakawa-studio.sub.jp/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード