FC2ブログ

東京藝術大学卒業制作展ー平川恒太展示『けいしょうされぬ記憶と形』 

この度、平川恒太は大学院修了にともない第61回東京藝術大学卒業・修了作品展に作品を出展致します。本展では『けいしょうされぬ記憶と形』と題し、2011年より制作している黒色1色で戦争画等を描くシリーズ『trinitite』を実質初公開致します。
『trinitite』とは原爆による高熱により砂などが高温にさらされ一度溶けて生成された人工鉱物のことを言います。
このシリーズでも、『どこから来たか、どこへ行く』シリーズ同様日本における近代の歩みを浮かび上がらせ私たちに様々な問いを示す事でしょう。


第61回東京藝術大学卒業・修了作品展
会期:1月26日(土)― 1月31日(木)
会場:東京芸術大学絵画棟8階
会期中無休
9:30-17:30(入場は17:00まで)
* 最終日は9:30-12:30(入場は12:00まで)

burogu.jpg
スポンサーサイト



2013-01-15 : info : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

hirakawa kota

Author:hirakawa kota
平川恒太 HIRAKAWA kota
生誕31周年目のアーティスト。東京芸術大学修士課程修了。主な展示、2018「森美術館15周年記念展カタストロフと美術のちから展」、2018 個展「悪のボルテージが上昇するか21世紀」,福 沢 一 郎 記 念 館、2018「1940ʼs フジタ・トリビュート」,東京藝術大学 陳列館、2016「 Identity XII – Memorandum on Sublime 」,nca,東京、「VOCA展2014」上野の森美術館,東京、「アートアワードトーキョー丸の内2013」 行幸地下ギャラリー,東京、2010年「The Neverending Story -Hirakawa Kota Solo Exhibition 」原爆の図 丸木美術館,埼玉
http://hirakawa-studio.sub.jp/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード